あなただけのプライベートサロン

お知らせ

2017年08月14日

なぜ植物幹細胞なのか?

image

 

ボヌールエボーテはなぜ
植物幹細胞なのか⁇

他のメーカーのものはヒト幹細胞培養液エキス入りのものがほとんど
植物幹細胞も入っていたとして、腐らないリンゴで有名なマルスドメスティカが入っているものが多いです。

ボヌールエボーテは植物幹細胞が8種類
なぜ植物なのか?

生命力・再生能力という点において
地球上の生物の中で人間が一番弱く、植物が強いからです。

人間は頭脳が発達したことによって生物の頂点に君臨しています。
それと引き換えに生命力という点ではとても弱いのです。
植物は雨が降らなかったり、天敵に食べられたりしても自分で動くことすらできません。
それでも
枯れたと思っても、また芽を出したりしますね。
切られても死にませんよね。
そして、寿命がありません。
凄い生命力なんです。
切ったところからまた芽がでてきますよね。

植物のなかでも、選りすぐりの植物
世界中の研究機関が研究している中でも最強の植物
・腐らないリンゴ
・モロッコ南西部にしか自生していないアルガンツリー新芽
・紫外線に対して保護作用のあるぶどう品種ガメタンテュリエ
・アルプスの厳しい環境の中自生するアルペンローズ
・生薬に使われるコンフリー根
・切っても枯れない不死の花エリンジューム
・氷河期を生き抜いた高山植物サポナリアプミラ
・そして、ボヌールエボーテだけが持つメキシコ湾海底から見つかった5万年前の糸杉クイーンフィトセル

これらの植物の幹細胞。
それぞれに違う役割を果たしているので、8種類も入っています。

そして
ヒト幹細胞培養液エキス

ヒト幹細胞培養液エキスは細胞を生み出す能力はありません。
しかし、150種以上の成長因子が含まれており、植物幹細胞が生み出した新しい細胞の栄養になることから、ボヌールエボーテはヒト幹細胞培養液エキスも配合しています。

真皮の奥からどんどん細胞を生み出し押し上げてくる作用は植物幹細胞じゃないと出来ないということになります。

ヒト幹細胞培養液エキス入りのコスメ、エステは
成長因子という点では、とても良いものですが、今までのコラーゲンやヒアルロン酸を肌の上にたっぷり塗って潤すという従来のエステと変わらないということです。

だからこそボヌールエボーテは凄いのです。
幹細胞の先駆者であるボヌールエボーテは九州大学、京都大学、大阪市大などとの共同研究によって作られています。
潤す・守るエステから
攻めるエステへ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
ソワンアーリア Soin Arya

http://www.soin-arya.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
兵庫県神戸市西区美賀多台1丁目
TEL:090-9886-0880 (完全予約制)
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メールでのお問い合わせはこちら